新製品:放射性物質格納庫

千葉窯業株式会社 コンクリートで未来が驚く。

製品は固いけど頭は柔らかい

boxカルバート プレキャストボックス L型擁壁の千葉窯業トップ > 新製品トップ > 放射性物質格納庫
新製品:放射性物質格納庫

放射性物質格納庫の特徴

  1. 特殊材料は使わない
    あえて当社では特殊材料を使わないシンプル構造を提案。
  2. 信頼できるデータ提供
    原子力の「研究者」に作成いただいた放射線影響評価報告ソフトにより提案。

:放射性物質格納庫現場写真

私たちは、「一般の方でも理解でき安心していただける」ことを第一に考え、地元千葉にある医用原子力技術研究振興財団をはじめ、原子力の「研究者」に会い、ご教示いただきました。

その結果、「重量コンクリート」「ゼオライト」「ベントナイト」「硫黄」など特殊なコンクリート・材料を使わないことにしました。

そして、2012年9月に発足した原子力規制委員会の委員長:田中俊一様が所属していた研究機構にて作成いただいたプログラムを用いて施設の提案をしています。

特殊材料は使わない

遮蔽=重さ

原子力の研究者みなさまが共通してご教示いただいたことです。

必要な遮蔽率を保持するために、特殊材料を用いて1.3倍などにするなら、一般的材料を2つ使って2倍にしたほうが安いし、「わかりやすい」

よて、当社は「普通コンクリート」を用いての遮蔽構造物を提案しています。

放射「線」を遮るジョイント

放射線⇒懐中電灯 とイメージしてごらん?

という研究者のご指導をヒントに考えました。

私たちは、コンクリート製品に必ず存在する継ぎ目「全て」に凹凸ジョイント設置を提案しています。(実用新案 2件取得)

それは、端壁であっても、ふたであってもです。

信頼できるデータ提供

コンクリート壁の遮蔽効果計算結果Cs137線量等高線

原子力の研究機構にて作成いただいたプログラム。

「焼却灰等の災害廃棄物の一時保管に関する放射線影響評価報告書」を作成し、提案しています。

計算内容

・放射線の遮蔽体による減衰

・線源施設の側壁を透過してくる放射線

・上空に漏洩した放射線と空気との散乱による放射線

計算方式

・3次元モテカルロ計算(PHITSコードを用いる)

放射線の空気中の減衰結果Cs134線量等高線

汚染廃棄物仮置保管施設研究会

当社の放射性物質格納庫の開発方針と一致していることから、汚染廃棄物仮置保管施設研究会に入会し、協力して仮保管施設の普及に努めることとしました。

汚染廃棄物仮置保管施設研究会

本会は、コンクリートの高い放射線遮蔽性能を有効に活用した安全・安心な保管施設、かつプレキャスト部分の使用により早期構築できる施設を研究・提案することにより、汚染廃棄物を適切に処理し、被災を受けた地域の早期復興に寄与することを目的として2011年10月27日に設立されました。

寸法表、CAD データ、標準設計条件、積算歩掛り、基礎形状等の技術データが必要なお客様は、以下のデータセンターをご利用ください。

データセンター ボックスカルバート、、擁壁、側溝など全製品1,200点の情報をデータベース化。カタログ、寸法表、CAD データ、積算資料等の閲覧とダウンロードができます。

標準計算書、製品のお見積もりが必要なお客様は、以下のサポートセンターをご利用ください。

サポートセンター 製品/新製品/規格外・オリジナル製品の開発/技術/価格/納品(納期)/など、データセンターでお応えできなかったご要望すべてに迅速に対応いたします。