実積事例

千葉窯業株式会社 コンクリートで未来が驚く。

製品は固いけど頭は柔らかい

boxカルバート プレキャストボックス L型擁壁の千葉窯業トップ > 実績事例トップ > 実績−マンホール
実績事例

カテゴリ:実績−マンホール

ハットリング工法の浦安市での実績例

液状化が発生した浦安市において

浮上防止工法としてハットリング工法が採用されております。


実際に、震災直後に現地踏査し、

ハットリング工法の浮上防止効果を確認しました。


こちらが、通常のマンホール設置箇所です。

歩道部のインターロッキングブロックもわからないほど、

液状化により砂が噴出しています。

マンホールも浮上してしまっています。


こちらは、ハットリング工法を実施したマンホール設置個所です。

舗装の切れ目などから砂が噴出していますが、

マンホールは浮上していません。


ハットリング工法の効果が表れています。

ボックスカルバートを角形人孔に利用した実績例

マンホールは、時として、

ギリギリの用地内に収めたい。

という要望があります。


そんなときに、

当社は、豊富なボックスカルバートのサイズを保有しているので、

役立った。そんな実績例です。


このように、ボックスカルバートを立てて使えば、

立派な角形マンホールになりますから。


また、頂版は、

ニーズに応じた寸法で製造可能です。


当社には角形人孔としてIホールを保持していますが、

時と場合によって、Iホールで対処しかねる条件であっても

対応することが可能です。

マンホールを沈埋工法にて施工した実績例

大口径管をつなぐマンホールとして、

周辺地盤が軟弱であったので採用された実績例です。


写真右上に、水辺が見えるように、

地盤条件はよくありません。


こういった場所において

マンホールを設置するために支持力を確保するには、

杭を打設するケースや

地盤改良をするケースがありますが、

今回は、周辺地盤への影響が少ないという理由から、

角型マンホールに沈埋工法が採用されました。