千葉窯業株式会社
Products
製品情報
製品情報

Retaining wall

ここでお伝えできる情報

ここでは、擁壁・補強土壁に関する

  • 種類や規格
  • 構造やサイズ
  • 工法や事例
  • 実績やご提案
  • カタログやデータの閲覧と入手
  • 積算、計算、見積り
  • 規格外、オリジナル製品の開発
  • 価格や納期

についてお伝えしています。
ご依頼やご相談にも迅速に対応します。
また、他のご要望や記載以外の必要な情報をご希望の際は、以下サポートセンターより、ぜひ、お知らせください。
全力でサポートさせていただきます。

擁壁・補強土壁の種類

千葉窯業は、関東に4ヵ所に擁壁製造拠点を持ち、多サイズの型枠を保有し、大型(20t~30t)のクレーンを擁しており、高い生産能力と供給力でお客様のご要望にお応えします。
データセンターでは各種類の図面を提供しています。
また、擁壁は土質力学が要素として大きかったり、擁壁表面を利用することがあったりと、異業種製品とのコラボレートをすることで、可能性が広がる分野と言えます。
千葉窯業では、異業種とのジョイント・ベンチャーから生まれる新たな付加価値を持った擁壁構造物をご提案いたします。
現場打ち工法との比較、多種工法の比較、工事積算、工期算出、規格外サイズの設計等のご要望にもお応えいたします。
お客様のご要望をお聞かせください。
最善の製品、工法をご提案させていただきます。

道路用L型擁壁

CLP-III

道路土工擁壁工指針(平成24年度版)に準拠した道路用L型擁壁です。(鉄筋かぶり等)
緩やかな地表の変化にも対応するたて壁の加工ができます。

道路用L型擁壁

CLP

道路用地を100%利用できる直壁のL型擁壁です。
設計外力に対応した形状設定により、経済性・施工性に優れた軽量構造をしています。
緩やかな地表の変化に対応した擁壁の加工ができます。

道路用L型擁壁フェンス孔付き

CLP-F

フェンス取付用の孔を擁壁本体に一体形成したL型擁壁です。

宅地用大臣認定L型擁壁(高さ3m以下)

CLP-VII(大地震対応型)

国土交通大臣認定を要する宅地造成工事規制区域で利用できる経済的なL型擁壁です。
大規模地震動の設計水平震度kh=0.25に対応しました。
宅地の外周に合わせ、直線部とコーナー部に対応可能です。

宅地用大臣認定L型擁壁(高さ3m以上)

ハイタッチウォール

国土交通大臣認定を取得しているので、認定条件内であれば、設計計算等の手間が不要で、計画から認可までの期間を短縮できます。

階段部やスロープ部用のL型擁壁

スロープ擁壁

階段部やスロープ部特有の、急傾斜部において、擁壁の天端カットを急角度で必要な場合に活躍するL型擁壁です。

逆L型擁壁底版現場打ち

CLP-CR

底版を現場打ち継ぎすることができる逆L型擁壁です。
土質条件や、天端形状・前盛土高さなどの諸条件によって、底版長を調整することができます。

逆L型擁壁底版プレキャスト

CLP-CN

プレキャスト製品のみで安定する逆L型擁壁です。
施工性に優れるほか、天端斜切対応も可能な逆L型擁壁です。

課題別擁壁のご提案

1.底版のない擁壁

フーチングレスパネル

NETIS登録 No:KT-070042-VE
底版がなく、柱状地盤改良体と壁面パネルで構成する擁壁です。
重機が入る事が出来ない現場や、掘削幅の取れない現場など、L型擁壁での施工が困難な場所で有効です。

2.切土補強土擁壁

PAN-WALL工法

NETIS登録 No:CB-980093-VE
切土補強土擁壁で唯一の「逆巻き施工(構造物を上から下へ仕上げる)」により、地山の緩み防止や施工作業者の安全が格段に向上した工法。
既設道路・構造物・境界の保護、長大法面の低減、既設石積ブロック積み擁壁の補強などで特に有効

3.盛土補強土擁壁

多数アンカー

1970年に旧建設省土木研究所にて考案された「杭張材を用いた盛土安定増大工法」を原案とするわが国独自開発の補強土壁工法です。

実績事例

千葉窯業が手がけた実績をご紹介しています。
「なるほど!こういう理由で採用されたのか!」といった気づきなどを紹介いたします。


提案事例

お客様がお抱えの課題、問題、懸念に対し、私たちからご提案してきた事例をご紹介しています。

  • Data Center データセンター

    寸法表、CAD データ、標準設計条件、積算歩掛り、基礎形状等の技術データが必要なお客様は、データセンターをご利用ください。

    See More
  • Support Center サポートセンター

    標準計算書、製品のお見積もりが必要なお客様は、サポートセンターをご利用ください。 TEL:043-227-3461 (月〜金 9:00〜17:00 祝祭日を除く)

    See More