汗まみれの現場コラム : 千葉窯業

千葉窯業株式会社 コンクリートで未来が驚く。

製品は固いけど頭は柔らかい

box カルバート プレキャストボックス L型擁壁の千葉窯業トップ > 汗まみれの現場コラムトップへ
汗まみれの現場コラム

潜函防火水槽の実績例

この現場では、スペースに限りがあり山留(仮設構造物)を設置できないので、

潜函防火水槽が採用されました。


この写真にあるように

防火水槽を設置する位置と、

側溝がすぐそばです。


潜函防火水槽では、

このように、製品を据え付け、

製品内側の土をクラムシェルで掘削していくことで、

製品の自重で沈んでいきます。

所定の深さまで、沈んだら、また製品を据え付けて、掘削して・・・

と繰り返します。


繰り返した結果、この深さまで自沈します。

自沈後、底面を仕上げて、完成となります。


このように、

潜函防火水槽は、

スペースに限りがあり山留を設置できない現場で

多くの実績があります。