実積事例

千葉窯業株式会社 コンクリートで未来が驚く。

製品は固いけど頭は柔らかい

boxカルバート プレキャストボックス L型擁壁の千葉窯業トップ > 実績事例トップへ
実績事例

カテゴリ:実績−雨水貯留浸透-浸水対策事例

L形水路と可変側溝を用いた高速道路下調整池構築実績例

高速道路の高架下用地を、調整池として有効利用した実績例です。


現場に近く、L形水路と大型の可変側溝を取り扱っていることから

採用された実施例です。


このように、

高架下スペースにL形水路で調整池を構築し、

橋脚部に可変側溝を設置して、調整池と調整池をつなぐ。

といった形で、高速道路下に構築しています。


可変側溝は、幅300mmの小さなサイズが主流で、

この現場に用いられた幅1m程度の大きなサイズを

取り扱っている企業は少ないです。


そして、

L形水路や可変側溝のような軽量のコンクリート製品は、

運賃が価格に大きな影響を与えるので、

この現場から近いことは、大きなメリットとなりました。


これから、都市部においても

高架橋形式の構造物は増えてくると考えられ、

かつ、

雨水貯留施設は、ゲリラ豪雨対策として必要になってくることから、

本実績例が、何かのヒントになればと思います。