実積事例

千葉窯業株式会社 コンクリートで未来が驚く。

製品は固いけど頭は柔らかい

boxカルバート プレキャストボックス L型擁壁の千葉窯業トップ > 実績事例トップ > 実績−雨水貯留浸透-浸水対策事例
実績事例

カテゴリ:実績−雨水貯留浸透-浸水対策事例

超狭スペース・深い土被り・3段切梁がある状況でのボックスカルバートによる雨水貯留施設構築事例

限られたスペースにボックスカルバートを2列並べて

雨水貯留施設を建設した事例です。 


今回調整池が計画された場所は・・・

『三角地帯』

 


たまに見かけませんか?

こういう空き地。


そして、雨水管の位置が深いことから、

深い土被りと、強固な土留め構造が必要(近隣に住宅がありアンカー土留めは適用不可)です。

この条件で、雨水貯留施設(調整池)を構築する上での課題は、以下です。

 

『ボックスカルバートを2列並べる必要がある(貯留量確保)』

『 切梁があるなかで、ボックスカルバートを据え付けしなければならない』 

 

そこで、当社では、ボックスカルバートの搬送工法として用いている

BCCS工法(台車工法)を選択しました。

BCCS工法は、省スペースで施工することができます。


ごらんのように

ボックスカルバートを搬送し、かつ並列させるには、これしかないわけです。


省スペースで施工できるBCCS工法(台車工法)B工法は、

搬送可能重量に制限があるので、

重量制限・搬送時の安定性をクリアする構造検討をしました。



これで、ボックスカルバートを施工する。

という課題まではクリアしたのですが、

 

さらに、並列したボックスカルバートが、雨水貯留施設(調整池)として適切に機能するために

以下2点の課題が発生しました。


・2列のボックスカルバート間を雨水が行き来できるよう連通穴が必要

・泥溜部が必要


写真のように連通穴を設置しました。

そのため、縦連結位置を、通常のハンチ部からズラした箇所で問題がないか検証を行いました。

さらに、泥溜部は、内空寸法で900mm深いボックスカルバートを用いるため、

その部分も搬送できるよう、仮基礎を構築しました。

 こうした検討・試験を経て

超狭スペース・深い土被り・3段切梁がある状況での

ボックスカルバートによる雨水貯留施設を可能としました。

今回の現場を経験することで、

雨水貯留施設(調整池)計画の可能性を広げることができたと考えます。


なぜなら、三角地帯のような、ありふれた省スペースにも

雨水貯留施設(調整池)が可能になったことで、

点在する冠水箇所を、ピンポイントで解消できる可能性があると考えるからです。

 

本計画の図面や積算などのご用命は

サポートセンターをご利用ください。

 

(その他の雨水貯留浸透施設(調整池)の実施例はこちら)

新手法で公園下に滞水対策施設を建設。山留切梁がある状況で大型雨水貯留製品を施工。【ビデオ動画あり】

遊水池という製品と、ある工法を活用した新手法で

公園下に滞水対策施設を施工した事例です。

 

現場の施工状況を動画にまとめたのが、以下です。

 

今回調整池が計画された場所は、公園の下。

公園といっても、マンションに隣接している小さな町の公園。

しかも、町の中なので、上部に高圧線が通っている。

この条件で、遊水池を構築する上での課題は、以下です。

『クレーンが配置できない状況下で、高さ5m弱ある8tのアンバランスな製品を、安全に搬送して据え付ける必要がある。』

 

 

そこで、当社では、ボックスカルバートの搬送工法として用いている

BCCS工法(台車工法)を選択しました。

BCCS工法は、施工の安全性が評価項目の一つとして、技術審査証明を取得している

信頼できる工法です。

念のため、事前に、自社工場にて搬送試運転を行い、安全であることを確かめました。

 

こうした検討・試験を経て

クレーンが配置できない状況下で、高さ5m弱ある8tの製品を、安全に搬送して据え付ける

ことを可能としました。

現場では、搬送機を3台用意しました。

段取り良く「納品」「搬送機への据え付け」「搬送」「搬送機戻し」

を繰り返して、施工性良く現場を終了することができました。

自治体には、やるべき土木工事がたくさんあります。

そのなかで、雨水対策は、市民が安全に暮らすために重要な対策の一つです。

シールドによる大規模雨水貯留施設の計画が難しい状況において、

限られた敷地を雨水貯留施設にすることは、「今できる最善」と考えます。

 

そんな「限られた敷地に雨水貯留施設を構築」する上で、

遊水池とBCCS工法の組み合わせは、

公園下に滞水対策施設を建築する方法として有効と考えます。

 

本計画の図面や積算などのご用命は、

サポートセンターをご利用ください。

L形水路と可変側溝を用いた高速道路下調整池構築実績例

高速道路の高架下用地を、調整池として有効利用した実績例です。


現場に近く、L形水路と大型の可変側溝を取り扱っていることから

採用された実施例です。


このように、

高架下スペースにL形水路で調整池を構築し、

橋脚部に可変側溝を設置して、調整池と調整池をつなぐ。

といった形で、高速道路下に構築しています。


可変側溝は、幅300mmの小さなサイズが主流で、

この現場に用いられた幅1m程度の大きなサイズを

取り扱っている企業は少ないです。


そして、

L形水路や可変側溝のような軽量のコンクリート製品は、

運賃が価格に大きな影響を与えるので、

この現場から近いことは、大きなメリットとなりました。


これから、都市部においても

高架橋形式の構造物は増えてくると考えられ、

かつ、

雨水貯留施設は、ゲリラ豪雨対策として必要になってくることから、

本実績例が、何かのヒントになればと思います。

浸透ボックスカルバートの実績例

「このサイズの浸透ボックスが欲しい」という要望に対し

当社には、多くのボックスカルバートサイズを保有していることから

採用された実績例です。


雨水浸透製品は、サイズが規格化されているケースがほとんどです。


しかし、この写真の現場のように

用地利用計画から、スペースが限られていることが多いので、

「このサイズの浸透ボックスが欲しい」という要望にお応えしました。


当社の浸透ボックスは、

この写真のように通常使用しているボックスカルバートの型枠を改造して

製造することができる点が特徴です。


具体的には、雨水貯留浸透製品工業会で規格化された浸透フィルターを

ボックスカルバート製造時にセットして製造します。


この技術は、ボックスカルバートだけでなく、

角形人孔など、当社オリジナル品にも適用可能です。